カートをみる お問い合せ サイトマップ
RSS

本物のカクテルとは?本やネットでの学習はムダ

カクテル作り、混ぜるだけ!は大間違い

プロのバーテンダーは、簡単そうにカクテルを作っていますが、さまざまな知識・技術を駆使して、作成しているのです。

カクテル作りなんてカンタン!だって、混ぜるだけだし・・・そう、思っているはず。 確かに、そのとおり!カクテルを作るのはカンタンです。 誰でも、それなりのカクテルは、すぐできるようになります。 料理のように作る工程が多いわけではありませんので。

ただ、料理もそうですが、素材や調味料や作り方の基本を、 ある程度のところまで勉強しないと応用もきかないし、 おいしいものができないでしょう。 単純なものしか作れませんし、プロの味には程遠いものしかできません。

どれが、本物のカクテル?

勘違いされている方が多いのですが、メーカーの発売しているカクテル缶は、本物のカクテルの味ではありません。

特に最近は、完成品のカクテルも、 缶やビン入りのものが種類豊富にそろうようになりましたし、 わざわざ自分でカクテルを作らなくても・・・と思う人も多いでしょう。 あのカクテル缶などの味を本物のカクテルと思っている人も多いことを考えれば・・・

私の店でも、ごくまれに「本物のカクテルと違うけど、おいしいね〜」 などと、おっしゃる方には苦笑するしかないですし(笑) 本物とでは、全く味が違うんです!

また、カクテルに興味を持つと、 とりあえずシェーカーを振ってみたくて購入する人も多いようで、

ちょっと、本やネットなどで、カクテルレシピをみて作ってみたりはするものの、 今ひとつピンとこない味で、本物に近いニセモノのカクテルしかできないはずです。
そして、試行錯誤も限界に達し、あきらめてしまい 、シェーカーが飾りになっていくのが通常のようです。

カクテルは、本やネットで学習してもムダ

メーカーや有名動画サイトも、本物のカクテル作りの知識・技術を紹介していません。偽物だらけです。

「おかしい?どうしてだろう?」と、思っていらっしゃるはず! そう、本もホームページもカクテルのレシピなんて、ちまたにあふれていて、 中には無料の動画付きで、いつでもシェークやステアの方法を、じっくり見れる、某大手のサイトなどもあるわけですし。

ただ、 私の目から見ると、知識も技術も、かなり怪しいです。それが、大手企業のサイトであっても! (なぜなら、現場経験の浅い方の動画が多いのも、原因のひとつでしょう。)

それでも、信頼のある大手企業のサイトや、権威のある方が書いたカクテル本を見て、書いてあるとおり、見たとおりに作ればできるはず!と挑戦なさる方も多いはずです。

そして、結局、「マズイ!何か一味違う」と、首をひねるばかり。 自分の味覚を疑う方もあるかもしれません。はっきり、言いましょう。あなたの味覚は、正しいのです。

本物の作り方が掲載されない理由

カクテルレシピ通りで、美味しいカクテルはできません。にもかかわらず、カクテルレシピ本が、あふれている理由は?

実は、もともと、カクテルレシピどおりでは、まずいカクテルが多いのが真実なのです。

例えば、私でさえも、カクテル教室で、生徒に配布した教材用のカクテルレシピでは、 ちまたの書籍やネット上に掲載してあるレシピと同じものを書いています。 ただ、もちろん、講義の中では、おいしい本当のレシピについて話させて頂きましたが・・・

どうして、このような事になるのか?というと、誰の目に触れるかわからない本やネットなどでは、 昔からある、本やネット上と同じ、ちまたのカクテルレシピで 基準となるものを書いておいた方が無難なのです。

カクテルは、何千種類とあって、同じ材料でも分量が違うとカクテル名が違ったりしますし、世界中全てのカクテルを常に把握するなんて不可能でしょう。ということは、自分の書いたカクテルレシピにクレームがきたりしたら面倒ってこともあります。

また、そのカクテルレシピを見て、興味本位や好意的でない人に、店に訪ねてこられても困るということもあれば、苦労して手に入れた知識・技術を簡単に教えられない!ということもあるでしょう。 それなりの知識・技術を教えるだけのバーテンダースクールでも、数十万かかるところが大半ですので・・・。

さらにもうひとつは、カクテルレシピが、世界標準で書いてあるという事です。このことを考えてもらえれば、世界中の人が同じ味覚であるわけもなく、日本人にあう味にカクテルを調整する事が必要なのは当たり前のことと納得してもらえるでしょう。さらにさらに、本人の腕前に応じて、若干カクテルレシピも変わってくるのです。

カクテル・・・プロ仕様のレシピとは?

カクテル作りには、本物を学習した、プロのバーテンダーだけが知っているノウハウがあります。

つまり、カクテル作りには、本当はどこにも載っていないプロならではのコツがあるのです。 ちまたのカクテルレシピを見て作るのでは、おいしいカクテルなど作れるわけもなく、無理なのです。

ちまたのカクテルレシピに書いてあるのは、あくまで参考程度の基準となるものにしか過ぎず、 あのカクテルレシピ通りに作るプロは、まずいないと言っても過言ではないのです。

だからといって、そのカクテルレシピの調整方法や、プロのワザを習得しようと思えば やはり、それなりに時間も費用もかかりますし、そこまで学習しようと思う方も少なく、結局、以前から書かれているカクテルレシピと同じもので、本やネットに掲載してしまうというわけです。

これでは、いつまでたっても、本物のカクテルは、広まっていきませんし、広まらないから、カクテルは、悪酔いする!とか、甘い飲み物!など 一般に、普及するにしても、中途半端な広がりしかせず、そのおかげで、ますます、本物の知識・技術をもった人材が消えていく・・・こういった悪循環が、続いているのです。

50年のノウハウを掲載したDVD教材

誰も教えなかったノウハウ満載のバー開業&バー経営教材を、数年をかけて、完成させました。

そこで、この環境を打破すべく、バーテンダーになりたい方や、趣味でも美味しいカクテルを作りたい方のために、バーテンダーやカクテルに関するサイトを立ち上げたわけです。

私は、小学生の頃から、本物のカクテル作りを見ており、今では、知る人も少なくなった、50年の間に失われた本物の知識・技術を習得しています。さらに、私が、約30年のバー経営の間に新たな知識・技術も、生みだしました。

そして、カクテル教室やプロへのバー開業セミナーなどで、どうすれば知識ゼロの方でも、分かりやすく、おいしいカクテル作りのコツを理解して頂けるか!といった、教育面からの工夫も習得しました。

これらを体系化し、より吸収しやすいようにプログラムにも工夫を加え、 数年にわたる制作期間を経て、ようやく完成したのが、最初に発売したバーテンダーやバー開業を目指す方のための、DVD教材「バー開業バイブル」なのです。

ちょっと、カクテル教室でもやってみようかとか、ちょっと10年ぐらいバー経営をしていたとか、そんな低レベルとは、全く違うのです。

教材を制作する資格があるのは、最低でも、20年以上のバー経営経験が必要だと思っています。ちなみに、私は、すでに、30年以上になります。興味のある方だけ、下記、教材をご覧ください。

ページトップへ