カートをみる お問い合せ サイトマップ
RSS

多くの人が、バー経営で失敗する「2つの原因」とは?

9割の人が、バー経営で失敗する「2つの原因」とは?

必要ないと思って、学ぼうとしないから

2〜3年の見習いバーテンダーなど、現場経験だけで、十分と思っている人は危険です。

  • カクテルなんて、混ぜるだけで、カンタン。
  • お酒の仕入れは、酒屋にきけばいい。
  • 技術的な面は、バーテンダーを雇えばいい。
  • 数年BARで働いたので、技術的には大丈夫。
  • 接客や会話は、それほど重要ではない。
  • 経営といっても、たかが飲み屋だし。

・・・こんな考え方では、大失敗します。ほぼ間違いなく、数年以内に消えていくというのが、老舗バーの見解です。

バー経営には、接客や会話術、経営学など、学ばなければならない事が、たくさんあるのです。例え、経営者としてだけ関わるとしても、お酒やカクテルの知識・技術を、体系的に学ぶ事も必要です。

もちろん、全ての準備が整うのを待つ必要はありません。学びは、一生続くものですから。

重要なのは、学ぶ習慣を身につけることです。学習する人が、少ない業界だからこそ、学び続ける人と差がつくのです。

学ぶと決めても「学び方」が間違っているから

バーテンダースクールに通っても、バーで修行しても、成功する可能性は低い!と57年続く老舗バーは思っています。

どこでも学べる「レベルの低いノウハウ」で、バーを数十年経営できると思う方は、他のスクールや講座へ、どうぞ・・・

1か月程度の「スクール」に通っただけで通用しないのは当たり前ですが、「スクール」に1年通ったとしても現場では通用しないのです。これまで、そういった経験の方を、何百人も、雇ったり、見てきましたが、弊店では、役に立ちませんでした。なぜか?という理由として、考えたのですが、

  • わずか20年のバー経営経験さえない講師では、能力不足だから。
  • 知識・技術が、老舗バーの「本物ノウハウ」とはレベルが違うから。
  • その場限りの授業では、学習・練習不足で、習得が不可能だから。

こうした事から、独立で成功するのに、最も重要なのは、どんな経歴の講師から学ぶかという点なのだと、確信するに至ったのです。

「学ぶ場所より、人を選ぶこと!」

57年続く、老舗バーの「バー開業&バー経営教材」は、生涯稼げる、本物の知識・技術をみにつけ、本気で成功したい方だけを対象としています。すでに、教材を学んだバー経営者が、全国に続々と誕生しています。