カートをみる お問い合せ サイトマップ
RSS

バーテンダーやバー開業を目指す方が、最初に気づかず後悔する事とは?

必要ないと思って「きちんと、学ぼう」としないこと

バーテンダーやバー開業に必要なのは、見習などの現場経験で、わざわざ学ぶ必要はないと思っている方、大きな勘違いです。

  • カクテルは混ぜればできる、簡単な飲み物
  • お酒の仕入れは、酒屋にまかせればいい
  • 先輩から学んだメニューで、将来も大丈夫だろう
  • 接客や会話は、それなりにできるだろう
  • たかが、飲み屋だし・・・

こんな考え方では、バー開業どころか、バーテンダーとしても、全く通用しないと断言します。

バーテンダーには、お酒やカクテルの知識・技術を、体系的に学ぶことはもちろん、接客や会話など、学ばなければならない事が、たくさんあるのです。もちろん、最初から、全てを習得する必要はありません。学びは、一生続くものですから。

重要なのは、学ぶ習慣を身につけることです。学習する人が、少ない業界だからこそ、学び続ける人と差がつくのです。

学ぶと決めても、学び方を間違ってしまうこと

わずか20年のバー経営経験さえない、バーテンダースクールの講師に学んでもムダです。

なぜなら、経験した事と知っている事しか教える事ができないからです。「学ぶ場所や媒体より、人を選ぶ事」が重要なのです。

1か月程度の「バーテンダースクール」に通っただけで通用しないのは当たり前ですが、1年通ったとしても、現場では通用しないのです。弊店では、全く、役に立ちませんでした。

なぜか?というと

  • 知識・技術が、老舗バーの「本物ノウハウ」とはレベルが違うから。
  • その場限りの授業では、学習・練習不足で、習得が不可能だから。
  • 経営経験が20年さえない能力不足の講師から学んだから。

58年続く、老舗バーの「バーテンダー&バー開業教材」は、本物の知識・技術をみにつけ、本気で成功したい方だけを対象としています。すでに、教材を学んだバー経営者が、全国に続々と誕生しています。

ページトップへ