何年も続かないバーが多い理由とは?

バー開業・バー経営に、何が必要なのか?

バー開業の時点で、知識・技術があるのは当たり前。さらに・・・

さて、あなたは、バーを開業して、他のバーにない商品やサービスを提供できる自信がありますか?バー開業・バー経営には、何が必要だと考えていらっしゃいますか?

私は、このバー業界で、数十年、バー経営をしています。その間に、さまざまな景気・不景気の波を経験しました。閉店していくバーなど飲食店も、何千、、、いや何万件とみてきました。

いつも思うのですが、どうして、バーぐらいなら、カンタンに開業できると思われるんですかね。バー開業には、大した知識も技術もいらないだろう!と思っていらっしゃる方が、非常に多いように思います。きっと、中途半端な知識・技術しかないのに、開業しているバーが多いからでしょう。

実際は、それらのバーの大半が、2〜3年以内に、消えていっています。そして、生き残る=勝ち残るのは、バー開業当時から、知識・技術は当たり前にもっていて、さらに、時代の変化にあわせる能力や独創的なアイデアももってバーを経営している人です。

そして、長く続くバーであれば、店主には、人間力ともいうべき「豊かな人格」があるはずです。(私は、どうだか??自分では評価できませんが・・・笑)



バー開業に、知識・技術は、本当に必要か?

時代や環境の変化に対応できる、本物の知識・技術が必要です。

ここで、おそらく、大した知識も技術ももっていなくても、経営が続いているバーもあるよ!と、思われた方もあることでしょう。それは、バー経営の真実が、見えていないのです。

バー経営をしているのであれば、深い知識・技術をもった人間が、必ず、経営に関わっています。それが、経営者本人であるか、スタッフの一人であるかは、いろいろでしょうが。

そして、ここからが、問題なのですが、全ての知識・技術を注ぎこんだ商品やサービスで、バーを開業し、経営しているかというと、そうではない場合が多いということです。

どういうことか?というと、その時代や環境の変化にあわせて、お客様のニーズを読み取り、それに見合う商品やサービスを提供できるように、バーの形態を考えて開業し、経営しているということなのです。

最高のカクテルの作り方を知っているからといって、1杯3000円ぐらい頂かなければ採算が合わない場合、バーを開業して、そのコンセプトに見合うお客様を、あなたは、集める自信がありますか?

バー経営で、知識・技術と、価格などコンセプトとのバランスを、考えなければならないのは、当たり前ですね。

そして、ここを気付いていらっしゃらない方が多いのですが、例え、1杯500〜700円の安いカクテル(あるいは、もっと安く)を提供しているバーだったとしても、その経営者サイドに、実は、最高のカクテルを作るノウハウを持った人物が、いる場合と、いない場合、提供する商品に差が出てくると思いませんか?



誰も気づいていないバー開業・バー経営の真実とは?

知識・技術も、経営感覚も、両方必要なのに、手抜きをして開業する人が多いのです。

どんな時代変化や環境の変化が来ても、それにあわせた飲み物を提供する知識・技術があったとしたら、バーを経営していくのに、怖いものはないと思いませんか?

そう、ここが、知識・技術を持ってバーを開業し、経営していく人と、そうではない人との差です。

ですから、リーズナブルなバーに飲みに行って、
「あ〜、これなら私もできる!」
「バーの開業はカンタン!」
と、単純に思う人は、「バー開業・バー経営の真実」が、見えていないという事なのです。

逆に言えば、バーやカクテルに、深い知識・技術があって、それを、最大限に生かした最高のカクテルを提供したとしても、バーを開業し経営するのは、うまくいかない!という事です。

そう、知識・技術も、経営感覚も、両方、バーを開業し経営していくのには必要なのです。当たり前ですね。

その当たり前を、分かっていながら、バーを開業する前に、手抜きをする人の多い業界なのです。



最も、上手に、バーを経営していく方法とは?

「価値>価格」となる商品やサービスを提供していく事です!

結論から話しますが、最高の知識・技術をもちながら、経営感覚も磨いて、「価値>価格」となる商品やサービスを提供していく!これが、最も上手に、バーを経営していく方法です。

知識・技術だけの職人肌で失敗するのは、最高のものを提供したいと頑張っても、時代や環境によって、価格>価値となって、大半のお客様の満足度を下げてしまうからです。

深い知識・技術をもちながら、それを店で語る事はなく、時代変化に応じた商品・サービスを提供していく!これが、バー経営には必要なのです。

特に、2015年、今の時代、この部分を理解せず、適当に、バーなどでアルバイトをしたり、見よう見まねで、カクテルの作り方を覚えてバーを開業しても、間違いなく、無理でしょう。

バー開業・バー経営は、知識・技術だけでも無理。集客や価格勝負やコンセプトだけでも無理。要するに、バランスですね。



50年以上続くバーが必要と考える知識・技術レベルとは?

わずか「20年のバー経営」経験さえない人に学んでも、ムダです。

さて、最後に、私から質問です。

56年。

この価値を、あなたは、どう思われますか?

あなたは、56年続いているバーが、どの程度の知識・技術があれば、バーを開業してもいいと思っているか?知りたいと思われませんか?

これからの時代変化に対応したバー開業・バー経営を考えていらっしゃる方だけ、弊店教材「バー開業バイブル」「バー経営バイブル」を、ご覧下さい。あなたの中で、バー開業・バー経営に、必要か、どうか?じっくりお考え下さい。

ちなみに、すでにバー開業やバー経営に必要!と考え購入された方が、全国46県にいらっしゃり、続々とバー経営に利用されています。これは、あなたのライバルは、すでに、学習を始めている!ということです。

もちろん、バーを開業するのに、早ければ有利とか、遅ければ不利とかが、あるわけではありません。

あなたの個性を、どのように生かし、どのようなコンセプトで、バーを開業・経営するかによって、変わってくるものです。

ただ、弊店教材「バー開業バイブル」は、2007年に発売を開始しました。当然、早く学習を始めた方の方が、習得は早いわけですし、この教材には、弊店が生み出したオリジナルのノウハウも詰め込まれています。この点では、そのノウハウを早く使う人の方が有利なのは、言うまでもないでしょう。そういうことです。

では、じっくり、ご検討頂き、決断は、早くされることをおススメします。