カートをみる お問い合せ サイトマップ
RSS

バー開業教材、特別な教材である理由

57年以上続く、老舗バーのノウハウです。

ノウハウの継承が困難な業界で、自社ビルを建て、57年以上続くバーは、めったにありません。

ご紹介のお客様だけ!という会員制で、57年以上続くバーの信頼度と価値を考えてみて下さい。

単に、バーテンダーの知識・技術だけなら、 働きながらでも、どこでも、ある程度は習得できるかもしれません。でも、大半の方が同じような行動をとり、失敗していく主な原因は、 最初の一歩を大事にせず、間違っているからです。

「学ぶ場所より、人を選ぶ事!」 ここが、安易な人が多すぎます。当たり前の事ですが、バーテンダーの知識・技術だけでは、経営は無理です。 たとえ、それなりの職人=マニアなバーテンダーにはなれても、ビジネスでは通用しません。

  • 「経営者としての、物の見方、考え方!」
  • 「技術者としての、知識、技術!」
  • 「教育者としての、人の育て方、教え方!」

これら全てを兼ね備えた方から学ばないと意味がありません。

おこがましい事ですが、これらの点を、十二分に考慮した上で、バーテンダー教材を作成できる、あるいは作成してもよい権利があるとするなら、日本中で、いったい、何人になると思われますでしょうか?

実際、現時点では、当バーテンダー教材は、他では作れないと自負しております。



ささやかな自社ビル

バーテンダーのDVD教材としては、圧倒的な量と質を、誇っています!

バーテンダー教材は、全20巻にも及ぶ量。動画教材は、全18時間半。音声教材は7時間半。10年以上毎月売れ続け、全国46県に普及。

私は、全国に「生涯通える、癒しのバー」を増やしていきたい!そして、より多くの方に、楽しんで頂ける空間を増やしていきたい! という夢をもち、協力していただける方を増やそうと活動しています。 真剣で、まじめなバーの経営者を増やしていきたいのです。

ですから、あまりに貴重なバーテンダーのノウハウが収録された、このDVD教材では、真剣な人にしか吸収できない!という思いも込めて制作しています。

私は、本気です。真剣です。

本気でなければ、「動画・約18時間半のDVD、音声約7時間半のCD、さらに解説書6冊」これだけの圧倒的バーテンダー教材など、制作できるものではありません。

ただ、当初、私の独りよがりな想いで作成しただけで、果たして、大勢の皆様にお役に立てるバーテンダー教材として 価値を認めてもらえるだろうか?という懸念も、少しはありました。

熱い想いを胸に、カクテル教室を始めたのが10年以上前。 そして、全国に広めていくには?と考え、 パソコン「ど素人」にもかかわらず、自分で、ホームページを作り、 バーテンダー教材作成のために、毎週末、徹夜での撮影を数年間続け、DVDの編集に明け暮れ、解説書を作成し、ようやく発売にこぎつけたのが、2007年の2月なのです!

そして、バーテンダー教材発売から、すでに11年目、全国46県に普及し、数百点のご購入を頂き、クレームは、全くなく、感謝のメールを、たくさん頂きました。本当に、嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいです。

メーカーなど、大手企業では、本物のバーテンダー教材は、制作できません。

さまざまな制約と、バーテンダーとして現場経験のある人材がいない事が、主な理由です。

大手企業になればなるほど、さまざまな制約が、発生します。そして、自社商品しか、紹介できないのが現状です。

しかし、美味しいカクテルを作ろうと思えば、さまざななメーカーのお酒を使用しなければなりません。従って、もし、大手メーカーが、バーテンダー教材を作成したとしても、美味しいカクテル作りの全てを解説することは、不可能なのです。

さらに、有名企業に勤めている人、あるいは、メーカーの取引先である酒屋などでは、バーテンダーとして、現場での勤務経験など、あるはずもなく、ましてバーを数十年も経営した 経験のある人が、いるはずがありません。

もし、そうしたバーテンダーやバー経営の経験のある方でも、企業専属の講師として解説を始めた時から、話をする内容に、一定の制限が発生します。従って、本物のバーテンダー教材を制作することは、絶対に、不可能なのです。

バーテンダースクールでも、バーテンダー教材は、制作できません。

生徒を集めなければならない事。人材不足。制作費や、販売価格の問題などです。

まず、当たり前の話ですが、バーテンダースクールは、生徒を集めなければなりません。もし、バーテンダー教材を制作したとして、その価格は、バーテンダースクールの講義料より安くなるはずです。

当然、生徒になる予定だった方のうち、何パーセント?何十パーセント?が、教材を購入すれば、バーテンダースクールに入学しなくなります。それでは、バーテンダースクールの経営自体が、難しくなるでしょう。

また、バーテンダー教材を制作する場合、その講師の人材は、慎重に選ばなければなりません。単に、バーテンダー経験が、10年ぐらいあるとか、何かの大会で、優勝したぐらいでは、話になりません。

できれば、バー経営を経験していることが望ましいことになります。

バーテンダーのノウハウももちながら、数十年、バーを経営している人材は、非常に、少ないのが現状です。そして、その方に、人に教えるという能力が、あるか?それも、慎重に、見極めなければなりません。

職人として、あるいは講師として、あるいは経営者としてだけでは、バーテンダー教材を作成する人材として、力量不足と言わざるをえません。

バーテンダーの動画教材を作成するのには、膨大な時間を要します。従って、せっかく貴重な人材を、見つけることができたとしても、 その方は、バーを経営されているわけですから 制作のために、時間を拘束する事は、かなり困難です。

弊店のバーテンダー教材と同等レベルの教材を作成しようと思えば、かなり長期にわたって、時間を拘束されることになります。その覚悟で、協力してくれる、「バーテンダー兼バー経営者」が、果たして、何人、存在するでしょう?

バーテンダーの動画教材を、弊店と同じレベルで作ろうと思えば、撮影から、DVD編集・制作まで、かなり高額な費用が、かかります。

さらに、バーテンダースクールが、運営母体となるなら、講師、制作会社、取扱いの卸・小売業者など、 いくつもの段階を経るため、経費がかかり、 かなり高額の価格でないと、販売できないことになります。つまり、採算が、もともと、とれない事になるのです。

バーテンダーの業界は、閉鎖的で、団体などに加盟していると制作できません。

団体にも加盟せず、バーテンダー教材を作成しても、通常は、誰も購入してくれません。

私は、いかなるバーテンダーの団体にも属さず、いかなる企業の影響などもうけない立場です。だからこそ、このバーテンダー教材を、誕生させることができました。

このバーテンダー業界は、閉鎖的で、職人気質が強く、その影響で、きちんと学ぶ場が少ないのが現状です。

大半のセミプロ・バーテンダーが、みよう見まねで、適当な飲み物を作っています。
ですが、今後、それでは通用しない時代になっています。

現在、バーテンダーの育成といえば、ひとにぎりの団体などが独占状態にあり、プロ養成のバーテンダー講座であれば、料金も、数十万にのぼっています。それでも、現実には、そのようなバーテンダー・スクール卒業後、さらに修行を積まなければビジネスとしては通用しないはずです。

そういった、この業界の体質を改善し、志のある方に、できるだけ吸収しやすいバーテンダー教材を! という想いで制作したのが「バー開業バイブル」です。

通常、下積みがなければ、誰も教えないような内容、 業界の暗黙の了解である受講料金を無視した低料金、閉鎖性を打ち破る、DVDという保存媒体であることなど、バーテンダー業界の反発を受けるようなタブーに挑戦しているのです。

ボトルの在庫数や、カクテルの種類、レシピの暗記量など、そのようなものは、本来のバーには必要ない!ということ。

そして、本来あるべきカクテルの意味や、作り方など、ちまたの書籍には書かれていない、昔ながらの、50年以上続いているからこそ知っている 本当の事をお話させていただいてます。

ページトップへ